【驚愕】ギガ使い放題で月額1円⁉WiFiルータ登場!詳しくはこちらをクリック

ハロウィンと古代ケルト人について!どんな人種だったの?

ケルト人とは

中央アジアの草原から馬と馬車月の乗り物を持ってヨーロッパに渡来した

インド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言語を用いていた民族である。

紀元前1500年~400年の長期間、ヨーロッパを中心に繁栄していた民族。

ただ、当時の住民はケルト人としての一体的な民族意識を持っていなかった。

※Wikipediaより

 

・・・ん?ケルト人って民族じゃないの?

ハロウィンはケルト人の風習だけど、ケルト人は民族じゃない。

 

ハロウィンはある地域のケルト人しか行っていない儀式だったのか。

それとも、ケルト人の間で流行っていた”宗教の”儀式だったのか。

 

答えは妄想するしかないです。w

 

「日本人」も地方によって様々な風習があるように、

「ケルト人」にもいろんな儀式があってもおかしくないですね。

 

 

スポンサードリンク

 

ハロウィンとケルト人の(俺的)まとめ

  • ハロウィンとは、実りと神様に対する感謝祭である
  • 仮装(変装)をして騒ぐ祭典ではない
  • ケルト人は結束力が無く、地方で個々の自己流ハロウィンを展開していた
  • その中でも一際異才を放ったのがジャックが作ったオーランタンだった(嘘)
  • ヨーロッパ発の行事だが、今はアメリカが主導権を握っている
  • 日本人では、とちくるった若者が仮装して騒ぐ会となっている

 

以上!ハロウィンがケルト人の神聖な祭典なので、

日本で騒ぐ場合も頭の隅っこにその事を覚えておきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください