【雑学】先進国が軍事費(10兆ドル)を学術研究に使ったら…世界が豊かに!

先進国が軍事費(10兆ドル)を学術研究に

使ったら世の中はどうなるでしょうか?

まず、10兆ドルってどんな額か想像でき

ないですよね…。

まずはドルを円に変換しないと…。

苦手な人にはとことん難しい為替の

話になっちゃいますね。

スポンサードリンク

本記事では10兆ドルの規模と、

それを学術研究に当てた場合に

訪れる未来について紹介します!

10兆ドルは何円?

2017年12月時点で1ドル=113円です。

単純計算で10兆ドルは、

113円×10兆=1,130兆円

という事になりますね。

2017年の日本の国家予算が、

約100兆円です。

なので10兆ドルは日本10個分の

国家予算という事になります。

ピンとこないかもしれませんが、

現実的に存在する金額という

事だけをご認識ください!

世界の先進国10ヶ国の1年間の

軍事費の合計金額が10兆ドルと

言われています!

それではお待たせしました!

これより、1兆ドルあれば

できる事を紹介します。

①火星にコロニーを6つ建設できる

火星おけるコロニー建設の

妨げとなっているのは資金不足

のみで、10兆ドルの研究費を

注ぎ込めば10年足らずで、

6つのコロニーを火星に建設

する事ができるそうです!

つまり、戦争準備を辞めて、

研究費に充当する事でたった

10年で火星移住が実現する?

という事らしいです!

夢がありますね♪

ただ、火星に住みたいか?

と言われたら微妙な気もします…。

②地球上のどこでも1Gbitの通信が可能になる

簡単に言うと、砂漠に居ようが、

北極に居ようが、南極に居ようが、

どこでも1Gbpsの通信が可能になる

という事です。

日本の4G/LTE通信は早くて200Mbps、

1Gbpsとはその5倍の速度を指します。

どこでも超高速通信ができる

現代人にとってはありがたい、

モバイル通信が実現します。

実際にスペースX社では、

衛星を約4000機打ち上げて

世界中で1Gbpsが可能な環境を

実現すると宣言しています。

このスペースX社と同じ取り組みを

先進国10ヶ国が10兆ドルをかけて

行えば、もっと質のよい通信網を

短期間のうちに実現しちゃうそうです。

なんかだんだん、戦争に備えてる

我々人類が虚しくなってきますね…。

スポンサードリンク

③核融合炉を完成させてクリーンエネルギーが実現する

ちょっと詳しい事は分かりませんが、

核融合炉という物のおかげで、

ウランを使った原子力発電や、

化石燃料を使った発電に頼らず

電力供給が可能になるようです。

その結果、有害物質や大気汚染の

リスクが減り真のクリーンエネルギー

社会が到来するようです。

研究は既に始まっていますが、

投資が少なく実現までにあと

10年以上はかかるようです。

こちらに10兆ドルを使う事で、

研究スピードが加速し、

さらにはエネルギー革命を

起こす事ができると言われています。

次のページ:宇宙研究の加速

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする