映画監督行定勲について、代表作、年収、について調べました !アナザースカイ台湾

世界の中心で愛を叫ぶ

で一躍有名になった映画監督「行定勲」さんがアナザースカイに

出演されます。

セカチュウが上映されたころは、私も相当若かった…。

未成年でしたね。

行定勲のアナザースカイは台湾。

20代で初めて訪れた台湾で、台湾映画にハマったのが

大ヒット作品を生み出す原動力になっていたようです。

番組では、「世界の中心で、愛を叫ぶ」に繋がる台湾での出会い

と経験についてのエピソードが語られるようです。

スポンサードリンク

行定勲 (ゆきさだ いさお)

行定 勲

職業:映画監督

生年月日:1968年8月3日 (49才)

出身:熊本県 熊本市

受賞歴:日本アカデミー賞 最優秀監督賞

ノミネート:日本アカデミー賞 最優秀作品賞

※Wikipediaより

日本アカデミー賞では、最優秀監督賞を含め3度の受賞をされています。

日本を代表する映画監督の一人である事は間違いないでしょう。

また、映画監督と聞くと映画しか撮ってないイメージがありますが、

行定さんは、テレビドラマやウェブドラマ、ミュージックビデオなど、

数々の映像部門で活躍されております。

特にミュージックビデオでは、浜崎あゆみや安室奈美恵、Kinki Kids、

NMB48など大物アーティストばかりです。

また、個人的に驚いたのが、「映画予告編」の監督をしていること。

これは映画業界に対して驚いたことですが、本編と予告編の監督が

異なるのは初耳でした!

調べてよかった、行定さん!

スポンサードリンク

代表作品

行定さんの代表作品は以下のようです。

  • GO
  • 世界の中心で愛を叫ぶ
  • 北の零年
  • 春の雪

一番世間の反響が大きかったのは、もちろんセカチュウですよね。

本編は見たことないのですが、主人公が彼女を抱いて、港?

で叫んでるシーンを思い出します。

この代表作の他に、行定監督のおすすめ映画ベスト8という記事をみつけました。

行定勲監督のおすすめ映画8選

このなかで、私が気になったのものは、「今度は愛妻家」です。

なんか、泣ける映画らしいです。

個人的には、「泣ける映画を作れる=面白い映画を作れる」と思っています。

人の心情を鷲掴みし、泣かす事ができるなら、笑わせる事もできるはず。

サラッと作品を調べた感じだと、爆笑できるコメディ風の映画は少ないようなので、

今後は爆笑まではいかずともクスクス笑える映画を期待します!

スポンサードリンク

映画監督の気になる年収は?次のページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする