【驚愕】ギガ使い放題で月額1円⁉WiFiルータ登場!詳しくはこちらをクリック

芳根京子のひじの皮フェチがキモイ?かさねの役柄が醜い…土屋太鳳としゃべくり007に!

芳根京子の映画「累-かさね-」の役柄について

まずは、「累-かさね-」のあらすじを、
見た方がよかよ。

主人公は伝説の女優の娘として天才的な演技力を持って生まれながら、自らの醜い容姿にコンプレックスを抱いて生きてきた淵累と、恵まれた美貌を持つが、女優として花開かずにいる舞台女優の丹沢ニナ。伝説の女優だった母の形見で、キスをした相手と顔が一定時間入れ替わる口紅を持つ累が、ニナと出会い、反発しながらも互いの目的のため口紅の力で入れ替わることを受け入れる
引用元:https://www.cinra.net

 

醜い容姿を持つ主人公『淵累』
芳根京子が演じとるっちゃん。

 

予告動画を見ると雰囲気
バッチリ理解する事ができるばい!

 

 

おぉ・・・。
こ、怖い。

 

言わんでも分かると思うけど、
頬に傷を負ってる方が、
芳根京子演じる「淵累」やね。

 

率直に、めっちゃ楽しそう!
公開は9/7(月)やけん、速攻見に行こう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください