【驚愕】ギガ使い放題で月額1円⁉WiFiルータ登場!詳しくはこちらをクリック

富山ゴムボート転覆のサイズや原因は?朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場の場所

夏の楽しいレジャー中に悲しい、
水難事故が発生しました。

 

キャンプ中の家族を襲った悲しい、
事件です。ご冥福をお祈りいたします。

 

他のご家族でも同じ事が起きないよう、
ゴムボートの大きさや、事件の原因
について調べてみました。

 

また、
朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場の場所
についても調べています。

 

スポンサードリンク

 

富山ゴムボート転覆のゴムボートのサイズや原因は?

まずは、事件の詳細をご覧ください。

18日午前、富山県朝日町の海岸で海水浴中の小学生が乗ったゴムボートが波を受けて転覆し、ボートにつかまって泳いでいた53歳の父親が溺れて死亡しました。小学生にけがはないということです。

18日午前11時ごろ、朝日町境にある「朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場」近くの海岸で、兵庫県姫路市の会社員、坂根義巳さん(53)が溺れていると坂根さんの妻から警察に通報がありました。消防や海上保安部などが救助に向かったところ、およそ1時間後、溺れた場所から沖に10メートルほどのところで坂根さんが見つかり、ドクターヘリで黒部市内の病院に搬送されましたが、死亡が確認されました。

引用元:NHK NewsWeb

 

小学生2人をゴムボートにのせて、
そのボートにお父さんがつかまって、
海水浴を楽しんでいたようですね。

ボートの大きさはおそらくこれくらい。
※あくまでも予想です。

定価3,000円程度の安価なものでは
ないかと考えています。

 

子供を2人載せたら大人が載る
スペースありませんからね。

 

大きな波が来て、ボートが転覆した瞬間、
お父さんは波に飲まれてしまったのでは
無いかと思われます。

 

大きな波の水圧が胸にかかると、
あまりの衝撃に耐えれず、
「みぞおちをパンチ」されたような
激痛を覚えますからね。

 

スポンサードリンク

 

泳ぎが得意な人でも耐える事は、
難しいと思います。

 

当時は、波浪警報が発令されていて、
波が荒い状態だったようです。

 

豪雨災害とかでも同じですが、
官公庁が出す警報には素直に
従うようにしましょう。

 

朝日ヒスイ海岸オートキャンプ場の場所

以下が事故現場付近のキャンプ場の場所です。

能登半島に囲まれた内海とは
呼べなさそうですね。

外海と同じくらい波は強そうです。

 

まだまだ、海水浴等、
レジャーのシーズンは続きますが、
水難事故には皆さまお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください