関脇嘉風に負けた横綱白鵬の物言いは何が問題なの?横綱の品格について考えてみた【2017年11月22日】

2017年11月22日の日本大相撲で

起きた横綱白鵬の物言い事件。

 

関脇嘉風に横綱白鵬が敗北し、

白鵬はその後土俵際に1分間も

滞在し続けたという内容です。

 

白鵬は判定が不服だったようで、

立ち合い不成立を主張してました。

 

スポンサードリンク

 

この白鵬の態度に、世間の批判が

物凄い事になっています。

「横綱としてみっともない」

など様々です。

 

白鵬の「物言い」は何が問題なのか?

そもそも横綱の品格ってなに?

 

と疑問が出てきたので考えてみました。

 

白鵬の物言いと問題点

白鵬は結びの一番で、嘉風に敗れ、

立ち合い不成立を要求しました。

 

負けた事を認めたくなかったようです。

問題の立ち合いの動画は以下です。

 

 

残念ながら素人目では白鵬が負けた

ようにしか思えないですね。

嘉風が反則したようには思えない。

 

白鵬はこの立ち合いについて、

「タイミングが合わなかった」

と話しています。

 

今回の物言いは何が問題だったのでしょうか?

それは、本来、物言いは 審判か、

控えの力士にしか権限が無いからです。

試合を行った当事者には一切権利が無く、

その物言いを大横綱が執拗に行った、

となれば世間の反応は冷ややかでしょう。

 

横綱の品格について

私は別に良いと思いますけどね。

個人の主義主張を全面に押し出して

何を咎められる必要があるのか分かりません。

私は俄然、白鵬派です。

(動画は明らかに負けてますが。笑)

白鵬の姿勢は評価します!

王者のプライドです。

潔いとかどうでもいいんですよ、

白鵬にとっては”敗北”が問題なんです。

 

スポンサードリンク

 

スポーツ選手は所詮は客寄せ

パンダですからね。

アイドルやアーティストと一緒で

世間のイメージを崩すと叩かれる。

可哀想な職業ですよ。

金貰えるからいいかもしれませんがw

 

負けて悔しがることない団体競技の

客寄せパンダより、ここまで悔しさを

前面に出す横綱はカッコイイと思います。

日本人が良い子ちゃん過ぎるんですよ。

 

私が思う横綱の品格は、

『最強』ただこれに尽きると思います。

あっさり負けた事を認めるより、

最強を自負して抗議する姿がカッコイイ。

 

白鵬はやはり真の王者じゃないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください