南北共同文書と北朝鮮が韓国発表!非核化はしない!【ニュース】

2018年1月9日に、北朝鮮と韓国が

南北閣僚級会談を実施しました。

本記事では、会談後の共同文書

に記載された内容をまとめました。

スポンサードリンク

共同文書に書かれた3つの事

北朝鮮が選手団と政府高官による

代表団,応援団などを平昌五輪に派遣

させること

2018年の冬季オリンピックに、

北朝鮮の選手と、応援団が

参加する事に合意したと言う事です。

韓国としては参加国が多い方が

大会が盛り上がるから良い?

と言う事でしょうか?経済効果も

あるので、参加国は多い方が良いに

決まってますね。

緊張緩和に向け

「軍当局会談を開催すること」

北朝鮮と韓国は軍事境界線で、

緊張が続いています。

この緊張を緩和するために、

軍事関係者の偉い人同士で、

会談をすると言う事ですね。

丸く収まれば、挑戦半島の

ピリピリしたムードが緩和

されるでしょう。

南北関係で提起されているすべての問題を

私たち民族が当事者として解決していくこと

北朝鮮と韓国間で問題視

されている事柄をすべて、

北朝鮮と韓国の間で解決する

事を指しています。

日本やアメリカなど、

第三者は介入するなと

意思表示しているようです。

スポンサードリンク

北朝鮮の非核化は無し

韓国側が非核化に言及すると、

「我々が保有した原爆,水爆,

大陸間弾道ロケットをはじめとする

全ての最先端戦略兵器は、

徹頭徹尻アメリカを狙ったものだ。

我が同族を狙った物ではない」

と北朝鮮は反論したようです。

非核化と南北関係は問題ないと、

苛立ちを見せたようです。

まとめ

北朝鮮側は韓国との国交回復に

前向きに働き始めましたね。

国連が行った制裁の効果が

しっかり表れているのでしょうか?

韓国をかけ橋に、各国との関係も

穏便になれば良いと感じます。

アメリカと日本はなかなか

仲良くなれそうにないですね。苦笑

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする