【驚愕】ギガ使い放題で月額1円⁉WiFiルータ登場!詳しくはこちらをクリック

橋田壽賀子の唱える安楽死について。海外では安楽死専用マシーンが登場。世界一受けたい授業

渡る世間は鬼ばかりの著者、

橋田壽賀子さんが、

世界一受けたい授業に出演されます。

今世間を賑わせている、

「安楽死で死なせてください」

を基に、橋田壽賀子流の

生き方を講義されるようです!


橋田先生の唱える安楽死とは

どのようなものでしょうか?

また、海外の安楽死事情と、

日本の安楽死事情を比較します。

なんと、オーストラリアでは、

安楽死専用マシーン

が発表されました。

 

スポンサードリンク

 

「安楽死で死なせてください」

安楽死という言葉は一般的に

「回復の見込みのない末期患者

を楽に死亡させる事」を指します。

 

基本的に、末期がんなどの

回復が困難な患者に対する

措置のようです。

 

一方、橋田先生はというと、

既にお歳は90歳を超えておられます。

病気という訳でもなく、

今もテレビに出演されるほどの

体力があり、”死”を望まれている

ようには見えません。

 

橋田先生が安楽死を望む理由

『他人に迷惑をかける前に死にたい』

このお気持ちが最も強いようです。

橋田さんは、旦那さんに先立たれ

子供は無く、ご本人は、

天涯孤独の身の上とおっしゃています。

 

スポンサードリンク

 

今すぐ逝きたいという訳ではなく、

『体の自由が利かなくなったら』

食事から下の世話まで他人の介助が

必要になる。そうなる前に死にたい。

とおっしゃっています。

 

食事から下の世話まで人さまの手を借りるなら、そうなる前に死なせてもらいたい。これは、尊厳とプライドの問題です。死ぬときに、痛いのや苦しいのも嫌です。だからいつどうやって死ぬか、自分の意思で決めさせてもらいたい。それには安楽死しかありません。

※文春オンラインより

 

私はまだ、”死”を意識した事は、

無いですが90歳を超えたご高齢

の方は皆さん同じように考えて

いらっしゃるんでしょうか。

 

日本では安楽死が合法化されておらず、

”死”を自ら選ぶ事はできません。

長い人生を歩んできて、

楽しい事や辛い事を、

お腹いっぱい経験した後に、

不自由さや不便を感じながら

死を迎えるというのは、

確かに寂しい気持ちになります。

 

人それぞれ価値観や考え方は、

異なるので難しいテーマです。

 

次のページ:安楽死専用マシーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください