ハロウィンと古代ケルト人について!どんな人種だったの?

今年も厚い夏が終わり、秋になりましたね♪

そろそろバーベキューや、花火の思い出とはおさらばして、

新しい季節の思い出作りの準備をしませんか?

直近のイベントはハロウィン!日本ではここ数年で、10月31日を目安に、

人の集まる大都市でイベントが催されるようになりました。

ただ、日本のハロウィンはクリスマスと同じで、タダのイベントで、

騒げばいいだけ、仮装して目立てば良いだけと思われがちです。

本来の文化や風習を理解した上で楽しむために、

ハロウィンの生みの親である、ケルト人について調べてみました!

スポンサードリンク

そもそもハロウィンって何?

ハロウィンとは、古代ケルト人が行っていた秋の収穫祭や悪魔祓いの儀式だそうです。

発祥はアイルランドやスコットランドと言われています。

(アメリカじゃないんですね。)

ケルト人の1年の終わりが10月31日で、

夏と冬の境目を意味し、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。

ちょうど同じ頃に、出てくる有害な政令や魔女から身を守るために

仮面を被り、魔よけの焚火を炊いていたようです。

(これをジャックオーランタンで表現しているんです)

ジャックオーランタンっていうのは、

かぼちゃで作られたtheハロウィンの象徴です。

🎃←こいつ!(環境依存文字見えないかも・・・)

本来は、宗教的な意味合いがある行事(お盆みたいな?)でしたが、

近代では、アメリカの民間行事となり、宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。

(なんだよ、やっぱりアメリカじゃん!)

アメリカ人はキリスト教人が多いですが、ハロウィンはキリストの行事じゃありません。

また、ハロウィンは子供たちがお菓子を大量にGETする事ができるイベントです。

Trick or treat!と叫び回りながら大人たちからお菓子を搾取します。

Trick or treat!

Trick or treat!

Trick or treat!

Trick or treat!

Trick or treat!

ヴィぎゃぁぁーーーーーー!!!

スポンサードリンク


こんな感じで、発狂しだす前にお菓子を渡す必要があるんです。

そうしないと、いたずらをされます。

Trick or treat!=お菓子をくれないと悪戯をするよ!

ケルト人については次のページ(読まないと悪戯するぞ!(⋈◍>◡<◍)。✧♡)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする