【驚愕】ギガ使い放題で月額1円⁉WiFiルータ登場!詳しくはこちらをクリック

アントニオ猪木が9月の訪朝(北朝鮮)でやったこと!「教えてもらう前と後」で池上彰と対談!

2017年11月14日の「教えてもらう前と後」に、アントニオ猪木さんが出演します。テーマは「緊急企画 いま北朝鮮があぶない」。です。2017年9月に32回目の訪朝をした猪木さんが、北朝鮮外交の裏事情について語ります。番組では、北朝鮮への訪朝シーンと共に、町の人々の様子を伝えながら”猪木流外交”の全貌が明らかになるようです。

 

スポンサードリンク

 

アメリカ大統領トランプ氏の北朝鮮に対する挑発で、緊張感が増す挑戦半島。その火中に訪朝した猪木さんは一体何をされたのでしょうか?9月の外交内容と、猪木さんが国の反対を押し切ってまで、北朝鮮に向かう理由を調べました!

 

9月の訪朝でやったこと

元プロレスラーのアントニオ猪木さんが、頻繁に訪朝されているのは周知の事実です。まずは、なぜ猪木さんが北朝鮮と太いパイプを持っているのかについて言及します。

猪木と北朝鮮

きっかけは、師匠の力道山が北朝鮮出身であり、力道山の娘が北朝鮮に居るという記事を見て、北朝鮮に対する思いが強くなったようです。また、力道山の娘の旦那さんが、当時の北朝鮮のスポーツ大臣を務めていたため、多くの政府要人が力道山と訪れた猪木さんを歓迎したそうです。

力道山が北朝鮮の大スターであり、その弟子にあたる猪木さんの好感度もかなり高いようです。1995年に北朝鮮で開催されたプロレスイベントは、視聴率95%という日本では考えられない数値だったようです。

95%って意味わかんないですね。北朝鮮のテレビ普及率は50%で、放送時間は6時~10時まで。主に北朝鮮労働党の思惑通りに国民を動かすために放映されているようです。テレビ局は4つしかないため、猪木さんなどの特番は視聴率が高くなるのは当たり前なんでしょうね。とりあえず北朝鮮での、猪木支持率がとてつもない事がわかります。

 

9月の訪朝内容

猪木さんと北朝鮮の関係が分かったところで、本題に入ります。2017年9月の訪朝はどのような物だったのでしょうか?各ニュースサイトを調べてみましたが、猪木さんが頑なに、会談内容の開示を拒んでいるようです。

 

帰国直後は、北朝鮮の核実験につて、「米国と交際社会が圧力を加える限り、北朝鮮は実験を続けよりレベルの高いものにしていく」と、北朝鮮が主張した事に言及しましたが、二日後の会見では「そういう原理原則の話を抜きにして、本音の会話をしましょうと、北朝鮮の方たちと会談をしている」などの発言し、具体的な内容の言及は避けたようです。

 

スポンサードリンク

 

感想

実際のところは、一般国民には開示されない情報なんでしょうね。マスコミや世論は北朝鮮に対する厳しい批判しか唱えていないですが、猪木さんはもっと深い北朝鮮の裏事情を知っている可能性があります。今回の池上彰さんとの対談で少しでも、北朝鮮の真実が垣間見れると良いですね!

 

私は、北朝鮮が国際社会の”必要悪”としてうまく、米国や日本に利用されているのではないか?と考えています。朝鮮統一を目標と謡ってますが、アメリカや中国、ロシアのような大国はそのような事は望んでないかもしれません。北朝鮮と韓国が合併した場合、どうなるでしょうか?私は専門家じゃないので詳しく分かりませんが、簡単に想像すると。

 

韓国大手電気メーカーの生産ラインを、人件費の安い北朝鮮側の農地へ移転する事で格安製品の大量生産が実現する。また、労働人口が多い国が生まれ、国際競争力が増す。

 

と考えます。今、世界を牽引する国家にとってはあまり都合のいい話ではないでしょうね。世の中の資本は限られているので、どこかの国が潤えば、どこかがの国が貧困に陥るのは資本主義の原理原則です。資本主義社会は真の平和をもたらすことができるのか。。。そもそもの本質を疑っちゃう大きな問題ですね。

 

硬い話になりましたが、猪木さんが語る北朝鮮の裏事情がとっても楽しみです!

※番組予告は以下です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください