20円金貨が本物か見分ける方法!査定額の相場と売り方につて!【開運!なんでも鑑定団】

開運!なんでも鑑定団

高額買取で有名な

20円金貨が登場しました。

 

20円金貨っぽいのが家にある!

という方のため、本記事では

以下内容を纏めました!

スポンサードリンク

1.20円金貨とは

2.本物か見分ける方法

3.査定額の相場

4.売り方

5.まとめ

1.20円金貨とは

まずは、日本の金貨の中で20円金貨が

どの様な位置づけになるのか学んで

行きましょう!

20円金貨とは、明治3年~明治30年の間に

日本で鋳造され発行、流通した金貨です。

明治3年~25年の20円金貨は大型金貨として

有名で、約47,000枚しか発行されていません。

  • 明治3年:46139枚
  • 明治9年:954枚
  • 明治13年:103枚
  • 明治10年:29枚
  • 明治25年:殆ど無い

明治3年~25年の金貨の質量は33.33gです。

 

一方、明治30年に発行された20円金貨は、

質量約15gで、発行枚数が1861000枚と

大変多くなっております。

※引用元:http://japan.antique-coin.info/

 

大きく分けて2種類ありますね。

  • 約30g
  • 約15g

もちろん質量の多い30g物の方が

買取価格は高価です。

 

気になる価値(相場)は

「3.査定額の相場」をご覧ください!

スポンサードリンク

2.本物か見分ける方法

20円金貨っぽいのが家にあるけど、

本物か分からない!けど、質屋で

見てもらうのもメンドクサイという

方のために、簡単な本物と偽物の

見分け方をご紹介します。

デザインを確認する

20円金貨

明治30年20円金貨

※引用元:http://japan.antique-coin.info/

まずは、デザインですが、上記のような

感じです。(上が30g/下が15g)

このような見た目のコインが

家にある方は次のステップへ。

 

重さを調べる

先ほどから何回も質量(重さ)について

述べていますが、やはり金の価値は質量で

決まります。なので、一番てっとり早く

確認する方法は、計量器で重さを測る事です。

 

30g以上は本物の可能性がグっと増します!

ただ、残念なことに10g程度のおもちゃ(偽物)

が大量に出回っているようなのでデザインが

同じでも偽物の可能性が高いです。

 

次のページでは気になる査定額について!

次のページ:査定額の相場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください